住宅ローン控除・ふるさと納税・iDeCo

キュービックホーム業務統括部 青木です。

 

今年もまた、確定申告の時期がきます。

住宅を新たに取得した方々は、

確定申告をしないと税金が返ってきません(゜_゜>)

 

税優遇制度は、他にも「ふるさと納税」や「iDeCo」などがありますが、

年間に支払った税金が限度になりますので注意が必要です!

 

ふるさと納税

実態は、寄付であり、自分で選んだ自治体に

寄付金を納めて寄付金控除を受ける制度。

この寄付が控除上限額であれば、

寄付合計額から自己負担(2,000円)を差し引いた額が、

住民税から控除および所得税から還付されることになります。

 

なお、一定の条件を満たせばワンストップ特例制度が使え、

確定申告は不要となりますが、控除は住民税のみとなります。

 

ここで注意したいのが、控除の順序。

ふるさと納税の税額控除は、住宅ローン控除よりも先に行われます。

したがって、受けられる住宅ローン控除額が、年間納税額を超える場合は、

還付を受ける額が減ってしまうことになりかねません(゜゜)

 

 

⇒公認会計士小澤善哉投稿 REAL PARTNER 12月号より

 

ここでは、ふるさと納税の返礼率を3割で計算していますが、

△佞襪気版疾任鬘極円した場合

 6万円×3割=18,000円分の返礼品を自己負担2,000円でもらうつもりが、

 実際の自己負担額は

 2,000円+5,800円=7,800円

ふるさと納税を1万円した場合

 1万円×3割=3,000円分の返礼品を自己負担2,000円でもらうつもりが、

 実際に自己負担額は

 2,000円+800円=2,800円

の場合には、返礼品をもらうというより、

ほとんど自分で買っている状態になってしまっています。

                      

おなじく税金の控除が受けられるのが

iDeCo(個人型確定拠出年金)

年間掛金が全額所得控除になることが大きなメリットです。

 

しかし、この口座維持のための口座管理手数料が発生しています。

そして、「ふるさと納税」と同様に、住宅ローン控除額が、

年間納税額を超えている場合は、還付を受ける額が減ってしまいます(>_<)

 

 

キュービックホームでも住宅ローン控除については、

説明等を行っていますが、効果の面から考えれば、

税額控除となる「住宅ローン控除」を目いっぱい受けるのが最優先ですので、

税金の控除限度額はインターネットのシュミレーションサイトなどで試算した上で、

「ふるさと減税」や「iDeCo」を検討したらいいと思われます。

 

NEXT⇒木曜『Funny』の更新 お楽しみに♪

0

    小谷部長も大絶賛!

    キュービックホームの嘉藤です

     

    現在建築中のお客様から素敵なものを見せてもらったので

    ご紹介します(*^_^*)!!

     

     

    春に小学校1年生になるK君が作った模型です!!

     

    実は他にも、何枚もオリジナルの間取り図面が

    お家に作ってあるそうで・・・

    ある時、模型製作の映像を見たのをきっかけに、

    図面もあるし、これできる!!』と思い立ち・・・

    それから 製作日数1日程度で作品が出来上がったのだとか!

     

    屋根はもちろん取り外し可能です。

    中も・・・

    細かいところまでしっかりと作りこまれています!

    キッチンはQbic知井宮建売モデルをイメージした

    カウンターキッチンに出来上がりました!

    屋根は片流れバージョンも出来ていて、

    気分に合わせて変更可能というすばらしい作品です(*^^)

     

     

    小谷設計部長もチェック済、

    もちろん大絶賛でしたよー(^_-)-

    K君のお家は、只今、基礎工事中・・・

    これからどんどん形が見えて、素敵なお家ができあがります。

     

    お家づくりを楽しんでもらえて、ほんとうに嬉しいです。

    大きくなっても心に残ってくれてるといいなー(^^♪

     

    NEXT⇒木曜『Funny』の更新 お楽しみに!

    0

      保険の見直し

      キュービックホーム 業務統括本部の青木です

       

      年末調整の時期ですが、保険の支払い明細を集めるたびに、

      今年も保険を使うことがなく、よかったと思う反面、

      無駄な保険料を支払っていのでは?と考えてしまいます(^_^;)

       

      先日、東洋経済にて、保険特集がされました!

       

       

      ここで提言されているのが、「長生きリスク」

       

      寿命が年々長期化している反面、

      老後資金が不足するおそれが高まる。

      一方で保険に入りすぎて、十分な貯蓄ができていない

      といった問題提起です(>_<)

       

      そこで自らの保険の見直しをやりました。

      一応、FP1級の資格を持ち、先日、

      島根県FP協会主催の無料FP相談も担当してしまいました。

       

      まず、生命保険料の大幅減額。

      子供も就職が決まり、学費も目処がついたことで、

      もう生命保険額はそれほど必要ないと判断。

      従来の死亡保険を解約し島根県共済に加入。

      これだけで、月15,000円保険負担が減少します。

       

      一般に、生命保険は子供の成長とともに

      保険金額を減らしていくことが定番なのですが、

      いままで見直す機会なく、

      ずいぶん無駄な保険料を支払ってきていた気がします(゜゜)

       

      保険コンサル 尾田政和氏が提言したのが以下の図

       

       

      医療保険については、

      1日5000円程度の保証で概ねOK!

      死亡保険金は、子供の成長に従い減少させ、

      生命保険料が浮いた分で年金保険を増やしていく

       

      これには、以下の理由があります。

        ↓   ↓   ↓

      日本の医療のセーフティネットは充実していて、

      死亡・入院・障害・要介護などの事態でも

      公的保障があり、何らかの給付が受けられます。

       

      死亡の場合では、遺族基礎年金・遺族厚生年金もあり、

      生命保険は不足する分だけ加入すれば足ります。

      不足する部分とは、ライフシュミレーション等で試算できます

       

      医療費も通常医療費は3割負担ですが、

      月あたりの負担額には所得に応じて上限が設けられています。

      (高額療養費制度)

      入院が長引いて、収入が減少しても、

      健康保険の傷病手当金により、1年6月までなら

      収入の2/3が厚生保険にて補填されます。

       

      加入している保険について、知り合いに勧められるままに加入し、

      保険内容を自分自身がよくわかってないケースがあります。

      私もそうでした。(;_:)

       

      年末調整は、保険料控除額を見ながら、内容を理解する機会です。

      また、生活パターンや社会の変化によって、

      加入している保険を見直す機会でもあります。

       

      「長生きリスク」に対しては、

      高齢時の手元資金確保が対策となりますが、

      おそらく70歳まで働く時代が間違いなくくるでしょう。

       

      一方で、高年齢時にお金がかかるリフォームや

      家屋の修繕などはやりたくないですね。

      キュービックホームの家は、

      「劣化等級3」75〜90年間大規模な補修なくして長持ちします。

       

      平成もまもなく終わりますので、

      人生の振り返りと保険も見直ししてみるのはどうでしょうか?

      そして、今後のライフスケジュールの策定し、

      70までにいくら貯めていくか…とか、

      考えてみるのも有益かもしれませんね(*^_^*)

       

      NEXT⇒木曜『Funny』の更新 お楽しみに♪

      0

        WOODONE

        キュービックホーム 樋野です

         

        だんだん寒くなり、雪もちらつくようになりましたが、

        皆様いかがお過ごしでしょうか。

         

        キュービックホームのでは

        赤松の無垢の床Qウォール(珪藻土)の塗壁に囲まれて

        冬でも暖かく快適なお家づくりをご提案しています(*^_^*)

         

        先日、WOODONEさんの社内研修が行われました。

         

        WOODONEさんの設備は、無垢の木が特徴で、

        優しくあたたかみのある雰囲気が特徴です。

        キュービックホームの自然素材の雰囲気にもピッタリです♪

         

        実際にWOODONEさんのキッチンを

        キュービックホーム大津モデル「蔵人」で使用しています!

         

        他にも、

        キュービックホームで建てられたオーナー様のお家の中では・・・

         

        キッチンの背面収納

         

        洗面化粧台

        などなど、どれもお家の雰囲気にピッタリで素敵です♪

         

         

        そして、設備だけに限らず・・・

        このような無垢の木を基調とした収納部材なども豊富です!

         

        少しこだわりのあるお家にしたい!など

        お家の素敵なアクセントとして活躍します(^o^)

         

        さらに驚いたのが・・・

        こちら!!

        これはWOODONEさんのキッチンが

        ドラマの美術協力で使われている写真です。

         

        私も見ていた番組もあり、

        そういえば素敵なキッチンだったな〜と思い出しました!

         

        これはほんの一例なので、

        興味のある方はWOODONEさんのホームページを

        ご覧になってみてくださいね(*^_^*)

         

         

        NEXT⇒木曜『Funny』の更新 お楽しみに!

        0

          お部屋のアクセント

           

          キュービックホーム 山尾です

           

          ウィンドウトリートメント

          と言う言葉は聞かれたことはありますか(・・?

           

          カーテンなどを使って、窓回りを装飾し演出していくことをいいます。

           

          その窓辺にふさわしい形状や素材、

          そして使い勝手やもちろんお値段など総合的に判断して選ばれると思います。

           

          よく使われるものとしては、カーテンやロールスクリーンが多いと思いますが、

          今日は開閉することなく、光の調節が可能なブラインドの一部をご紹介♪

           

          ブラインドは、スラット(ルーバー)と呼ばれる金属や

          プラスチックの細長い帯状の板を糸でつなぎ、

          チルトポール(棒)またはコード(紐)によって

          スラットの角度を調節して、外から入る光を調節します。

          スラット(ルーバー)は、横型で垂直方向に開閉するものが多いのですが、

          「シャープ」なとか、「モダン」などをイメージされる時は、

          縦型ブラインド、バーチカルブラインドのようにスラットが縦型で

          水平方向に開閉するものを選ぶこともあります。

           

          光は取り入れたいけど外部からの視線は防ぎたい場合や、

          時間によって変わる光の具合を調節したい場合などに便利です(^o^)

           

          【横型ブラインド】

          【縦型ブラインド】

           

          また、スラット(ルーバー)が木製のものもあります。

           

          木製ブラインドは、木目がお部屋の雰囲気に

          温かみを与えてくれるのが大きな魅力!

          色や質感の種類が豊富なので、モダンやナチュラルテイストだけでなく、

          最近人気の北欧やヴィンテージテイストなど、

          様々なスタイルに合わせられるのも魅力の一つです★

           

          カーテンやアルミ製のブラインドに比べると重量もあり、

          お値段もちょっと高めですが、

          布製のカーテンやロールスクリーンに比べると、

          コーティングが施されている木製ブラインドは汚れにくいので、

          多少ついてしまった汚れやほこりはさっと拭くことでお掃除可能。

           

          お手入れが簡単なのは嬉しいですよね〜(*^_^*)

           

           

          (シンプルなキュービックホームの珪藻土塗り壁「Qウォール」は、

          ウィンドウトリートメントを引き立てます)

           

          お部屋づくりの仕上げとなる【ウィンドウトリートメント】

          カーテンやロールスクリーン、そして今回ご紹介したブラインド。

          それぞれの特長を活かして、素敵なお部屋にしてくださいね(^^)/

           

           

          NEXT⇒木曜『Funny』の更新 お楽しみに!

          0

            | 1/14PAGES | >>





            プロフィール

            「微笑みあふれる家づくり」をモットーに、感動のお家づくりを総合プロデュースしている、キュービックホームクルーブログ。下記のテーマに沿って皆様に役立つ!?情報を発信しています。

            ☆月曜【Cute】
            スタッフの見つけたかわいいもの

            ☆火曜【Study】
            ちょっと役立つ!?豆知識をお伝え

            ☆木曜【Funny】
            おもしろい本・グッズなどなど

            ☆金曜【Build】
            現場イベント、大工さんのご紹介

            ☆土曜【Plan】
            設計士が語る!?プランのあれこれ

            【Events☆】
            イベント予告や開催の様子

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>

            selected entries

            archives

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM